【Balkans2018-16】ブルガリア・ソフィア★歩いて夜景観賞

だんだん暗くなってきたので一番夜景を見たかった

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂へ向かいます。

Храм-паметник Свети Александър Невски

ブルガリア正教会の大聖堂。

全くの素人ですが夜景にはこだわりがありマジックアワーの時から

刻々と色が変わる空の色とともに写真を撮りたい派。

夏のヨーロッパは暗くなる時間が20時~22時、場所によっては23時にもなるので

結構大変。

iPhone6 plusで撮影

この丸い屋根がたくさんあるところがいい

色々な角度から

完全に暗くなりました。

そろそろ最新のiPhoneが欲しい。カメラの性能がだいぶアップしているようで

試してみたい。

ここからはミラーレス一眼のLUMIX GF5

ヨーロッパでの夜景撮影のために2012年頃に購入

でもそろそろ新しい機種にした方が良いのかなと思う今日この頃。

空の色は古いタイプのiPhoneの方が綺麗でダイナミックに撮れるので。

丸い屋根がやはりカワイイ!

こちらも完全に真っ暗に。

同じ場所でiPhoneとLUMIXの両方で撮るので結構大変笑

1つにしたいのですが「この瞬間は今しかない。」

「機種によって色の出方が違う。」と思うとついつい2機種で撮影。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂から歩いてセルディカ駅のほうへ

地下の遺跡 Complex Ancient Serdica

地下はいいです。雨でも寒くても遺跡が守られていますので。

でもガラスに覆われているわけでもなく触り放題。

そんな感じも遺跡と共に生きる感じでいいなと思います。

いつの時代だろう

地下から地上に出ると夜景

旧共産党本部 やはりかっこいい

Google mapによると今はコンサートホールとNational Assembly Building

少し遠くから

手前に地下教会と聖ソフィアモニュメント

ツム百貨店

ツム百貨店前の遺跡

バニャ・バシ・ジャーミイ

きれいな装飾

セントラル・ハリ Central Market Hall

メトロでホテルまで帰ろうかとも思いましたが

やはり夜景を見たいので徒歩で。

途中美味しそうなPizza

HOTEL LION

この写真はいったい何?と思いましたが

キリル文字のブルガリア語の標識が素敵

Lion’s Bridge

ライオンの像が良い感じ

ホテルに到着

10レヴァはリラの修道院のミュージアムのチケット

もう一つは不明

セントラルハリで買ってきたムサカを夕食に

じゃがいもとポテトとお肉。

美味しかった。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする