【2018春Osaka1】仕事帰りに羽田から大阪へ。夜は551蓬莱の絶品焼売

前から気にはなっていた大阪の台湾甜商店さん。

豆花も芋圓も仙草も美味しそうだなあとは思っていたのですが、

今年は社労士の試験に絶対合格!と決めたので8月の試験が終わるまで

旅は控えようと思っていたのですが先日Instagramを見ていたら

「芋圓食べ放題」イベントの告知。

居てもたってもいられず大阪への航空券とホテルを手配しました。

木曜に有休を取り、水曜夜に大阪へ出発。

19時発のJALの伊丹行き。

人事異動で職場が東京駅の目の前で無くなってしまったので

乗り換えありでやや不便だけど何とか到着。東京駅便利だったな。

空弁や食べ物は全部売り切れていたので

コンソメスープでお腹を満たす。

機内食が無いなら食べ物を売ってくれればいいのにと思うのですが。

ほとんどの皆さんはラウンジ利用なので困らないのでしょう。

伊丹空港は街の中にあるので夜景が綺麗!!

iPhoneで撮影なのでクオリティが悪いですが

次回はちゃんとしたカメラで撮りたい。

久々の伊丹空港はリニューアルしてお店が増えていました。

ホテルまでどうやって行こう。

梅田からシャトルバスが出ているけど次回は22時発でだいぶ待たないといけない。

だったら自力で行こうと思い阪急電車と地下鉄を乗り継ぎホテルへ。

大阪は私にとって今までに一番出張で来た街。

働いていた会社の本社があって一時期毎週来ていたこともありました。

(会社の規定で飛行機ではなく新幹線でしたが。)

その会社は合併でもう無いのですが思い出いっぱいの会社で

大阪に来ると懐かしい感じがします。

梅田の駅で551を発見!

夕食用に焼売を購入。

途中、えんぴつのロールケーキも発見。

美味しそう。

南港ポートタウン線の中ふ頭の駅を出ると

ホテルが見えていました。(右側の中層の建物です。)

外資コンサルの方のブログを愛読しているのですが

旧 ラ・レゾン大阪時代の宿泊記で

朝食ビュッフェが非常に美味しそうで泊まってみたかったのです。

クインテッサホテル大阪ベイにリブランドしても

朝食は変わらず美味しそうだったので予約。

ホテル入り口に到着。

チェックイン時にお茶とおしぼりを出してくださいました。

2018年3月1日リブランドオープン、クインテッサホテル大阪ベイ。大人志向のシックな空間とさりげないホスピタリティをご満喫頂けるホテルです。心豊かなひとときをお過ごしいただけるアーバン・リゾートで至福のひと時を。

素敵な廊下を通ってホテル棟へ

ツインのお部屋、1005号室です。

広いです。

バスルームとトイレは別々で独立。

★お部屋の詳細はこちらに→

早速、551蓬莱の焼売をいただきます。

551蓬莱 公式ホームページです。大阪名物!豚まんをはじめ、焼売、アイスキャンデーなどの販売、中華レストランの経営をしております。全国へ551をお届けするオンラインショップもございます。

まだ熱々です。

ホテルの1階に食べ物、飲み物、簡単なお土産屋を売っている

ショップがありますが22時までです。

焼売に辛子、たまりません。

美味しい!!!

ビールが欲しくなりましたがいちおう健康を考え黒烏龍茶に。

お部屋にはピカソのレプリカが。

ホテルの周りは真っ暗なので明日の朝食ビュッフェを楽しみに

今夜は眠りにつきます。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする