週末海外★台北1泊2日(2)~大雨の台北 冰讚と九龍豆花蓮子専売店と春水堂

南京復興駅の「味鼎蛋餅」で美味しいブランチのあとは

デザートを食べにMRTで雙連駅へ移動

駅からすぐそばの「冰讚(ピンザン)」さんへ。

マンゴーが美味しい4月~10月頃のみの営業ということで

来てみたかったのです。

メニューは写真付きなのでわかりやすい。

土曜日お昼過ぎの台北。

店内の9割は日本人でした。まるで日本。

しかも4人~6人のグループが多かった。

でも私みたいなおひとり様もチラホラいますし

美味しいマンゴーが食べられればどうでもいいです♪

大雨のせいか並ばずに入れて良かった。

お店のカウンターの右から控えめに撮影

しばらくしてバイブレーションでお知らせされ

カウンターに取りに行きました。

芒果雪花冰

日本の昔ながらのかき氷はニガテなのですが、

数年前に韓国のソルビンでパッピンスを食べて美味しさにびっくり

(そもそも日本のとは全く違う粉雪タイプ、氷自体にも味が付いているし)

ということで、台湾でも氷自体に味が付いているのがいいなと思い

雪花冰に。ミルク味の氷です。

濃厚そうなマンゴーたっぷり、氷も雪のように美味しそう

当然美味しいです!!

サラサラなミルク味の氷と完熟マンゴー。

とても美味しいです。

(でも個人的には韓国ソルビンのチーズケーキと苺のがベスト1です。)

並ばずにふらっと入れるならまた食べに来たい。

お店の前に並ぶ用のロープが張られていたので普段はとても混んでいるのだと

思われます。

美味しいマンゴーのあとは意麺を買いたくて

雙連市場へ。

ここ初めて来ました。意麺を無事購入

こんなにずっと大雨の台湾は初めて。

どうしようかなと思い行ったことない国立故宮博物院でも

行こうかなと思って士林駅へ。

駅前に豆花屋さんを発見!

「九龍豆花蓮子專賣店」です。

豆花は大好きで素通り出来ません。

トッピングは3種類選べたので

大好きな以下3つを選択

★粉粿→黄色の透明のものです。モチモチして美味しい

サツマイモのでんぷんから作られているとか?

★芋圓→タロイモ団子。モチモチしていて大好き

★粉圓→タピオカ

トッピングはどれも美味しいのですが

豆花はザ・豆腐という感じの日本と同じ感じの豆腐タイプ。

あまり好みでは無く・・・リピナシです。

トッピングは美味しいのですが。

店頭で売っている葱抓餅が人気のようで

大雨でもテイクアウトする方が後を絶たず。

士林駅のレトロな壁画

駅前から国立故宮博物院へ行くバスに乗って

到着

ゲートから中に入ります。

白菜や角煮の芸術品がある場所です。

とりあえず散策

中に入ってチケットを買おうかと思ったけれど

大混雑。

アジア人だけでなく欧米ツアーも押し寄せる場所のようで

展示品にあまり興味も持てなそうで

地下の誰でも入れるショップだけを見て帰ることに笑

ショップだけでも充分楽しかった。

白菜、角煮のグッズがたくさんありました。

マスキングテープ、傘、オブジェなど。

台北駅に戻ってきてロッカーから荷物を取りだし

ホテルにチェックイン。

今回のホテルはポッシュパッカーホテル

※ホテルの様子はこちら→

相変わらず豪雨なので台北駅の中で楽しみます。

写真は新光三越のライオンから台北駅を。

台北駅

毎回来るたび座っている人が多い台北駅

それだけキレイということで良いことです。

最近気になるミニオンズのショップ

お寿司が飛ぶように売れていました。(前からですが。)

サーモンだけが入っているのがあったら是非買いたかった。

何か夕食でも食べようかなとうろうろ探したけれど

ピンとくるものが無く、新光三越地下の春水堂へ

珍珠奶茶創始店-春水堂,發源於台中四維街,在1983年首創泡沫紅茶,更在1987年發明了珍珠奶茶。歡迎到春水堂來杯珍珠奶茶,以茶會友,來場味覺、視覺與藝術文化結合的五感美學體驗。

涼麺。台湾ならではのやわらかめの麺でちょっと失敗・・。

讃岐うどん並みのコシがある麺が好きなのです。

(稲庭うどんとか素麺もニガテです^^;)

愛玉が入ったレモンティー

さわやかで美味しい

新光三越の地下の春水堂の存在は前から知っていたけれど

程よい広さでゆっくりできて

おつまみ的なメニューも多くてまた来たいと思いました。

台湾と韓国はカフェが多くてうらやましい。

新光三越でお土産なども買って外に出ても

まだ大雨

大雨の写真しかない・・

川のように流れる雨水

豪雨です。

台湾に来るとレシート宝くじに期待してしまって

ついつい何度もお買い物。

レシートが貯まるのが嬉しくて。

その後ホテルに戻ってのんびりしました。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする