【マカオ1人旅13】「義順牛奶」優しい甘さの牛乳プリン

日帰り香港旅からマカオへ戻って路線バスでセナド広場近くで下車。

最後の夜を楽しみます。

澳門に到着した夜も次の日も探したどうしても行きたいお店、

”義順牛奶”

ブログや旅行記でよくみるツヤツヤの牛乳プリンをぜひ食べてみたくて。

土曜の夜、セナド広場は人がたくさん。

目的のお店は少し先。

「義順牛奶」今日は開いていました!!

英語ではYee Shun Dairy Company

<住所>

381 Av. de Almeida Ribeiro

新馬路381號

馳名雙皮燉鮮奶=よく知られている二重皮膚煮ミルク(Google翻訳)

プリンの表面に湯葉のような膜ともう一つのツルツルな膜、

2つ作るから「雙皮奶」というのだそう。

夜だけどプリンもたくさんあって良かった♪

ファミリーで食べに来ているローカルがたくさん。

写真はたまたま空いた席を撮影。

メニューは全て中国語。

台湾に度々行っているせいか何となくわかって嬉しい。

ただメニューは決まっていて馳名雙皮燉だけど

読み方がわからないので「ホットミルクプディング」と言ったら

通じました。

お店の人には「おねえさん~何にする?」と日本語で聞かれましたが。

iPhoneで撮影

メニューのとおり膜ができています。膜がダブル。

ミラーレス一眼で撮影。

私、牛乳が苦手で牛乳単体や牛乳を温めた時に出来る膜は

本当に無理なのですがこれは美味しいです!

膜にも牛乳の栄養がギュッと詰まった感じ。

香港からの高速フェリーの冷房が寒かったせいか

熱い牛乳プリンをより美味しく感じました。

スルスルと体の中に入っていく感じ。とても温まりました。

牛乳プリン美味しかった。カスタードのプリンも食べてみたい。

香港にもお店がたくさんあるから行ってみたい。

帰りにスーパーマーケットROYALに寄って

出前一丁やレモンティーなどお土産購入。

能量99は台湾のスナックですがこれ好きなのです。

出前一丁は日本でも食べたことないのでどんな味か楽しみ!

ホテル・シントラのお部屋から。

グランドリスボアがギラギラしていて何となくテンション上がります。

明日は9時台の飛行機で日本へ帰国です。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする