【ホテル宿泊記】ザ ロイヤルパークホテル東京羽田

羽田空港第3ターミナル(旧:国際線ターミナル)にある「 ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 」
前から泊まってみたかったのですが普段は高額。GoToトラベルを利用して2020年12月の宿泊です。

仕事はこの時期1年の中で最繁忙期なのでぎりぎりまで仕事して職場近くのバスタ新宿20時40分発のバスで21時過ぎに到着。(終バスから1本前。大幅に減便中)
乗客は全員第3ターミナル行きのためターミナルを巡回はせず直行でした。

海外に行けないので第3ターミナルは閑散としているのかと思ったらそうでもなく、1階のAir LAWSON(エアローソン)は大混雑。
欧米の方もたくさんいて香水の匂い等、久々に海外を感じられて妙に嬉しかった。
そして飛行機も全便欠航というわけではなく、この日はホノルル、シドニー、ロサンゼルス、バンクーバー、特に個人的に魅力的な22:55発のイスタンブール行きが運航していました。
深夜発イスタンブールで翌日ヨーロッパに到着できるのでもう1日も早く行きたい。帰国後14日隔離さえ無くなればすぐに行きます。もう我慢の限界笑。

全く人がいないわけでは無いけれど、コロナ前なら21時過ぎからが羽田空港の一番賑わう時間帯だったので本当に寂しい限り。恒例のイルミネーションも無いし。
ロイヤルパークホテルの入り口はNカウンターの横とのことで向かいます。

入り口がありました。Nカウンターの本当にすぐ横。
このホテルはいつ使うのがいいのだろう。私の場合、早朝は朝5時台の台北行き位で後は深夜便ばかり。仕事をそんなに休めないので会社帰りに羽田空港に直行しそのまま出国がほとんど。
そうなると帰国した時に遅い時間の時かなぁ。すぐにお部屋でのんびりできるので。朝5時発で使うのはもったいない。

今回は一休からの予約。GoToトラベル適用でダブルのお部屋1泊6,180円。それに地域共通クーポン2,000円付き。
GoTo使用のためチェックイン時に顔写真付きの身分証明書の提示を求められました。
保険証しか持ってないと言ったら社員証でも良いと言われ、社員証が顔写真付きで良かった。マイナンバーカード作ったほうが良いのかな。やっぱり要らない。

お部屋は最上階の8階、839号室でした。
横に長い建物で廊下も非常に長い。

お部屋はなかなか広め。ベッドの横にソファも有りここでテレビ観たりゲームしたりのんびり過ごしました。

コーヒー、ティーマシンもある!

カプセルもコーヒー2つにアールグレイ紅茶2つ、ミネラルウォーターも無料だし(計3本)電気ケトルも有り。紅茶を早速いただきました。

ベッド横にナノケア有り、セーフティボックスにテレビ、加湿器か空気清浄機。どのホテルにもこの加湿器か空気清浄機的なものがありますが全く興味が無く使ったことがありません。乾燥についてあまり意識したことが無い。

バストイレは洗面台を挟んで分かれているタイプ。こういうの好き。狭いユニットバスが本当に苦手でホテル位快適なところに泊まりたいと日々思っています。

アメニティも豊富。ヘアバンド、シャワーキャップ、バスソルト、綿棒、かみそり、ブラシ、ボディタオル、歯ブラシセットと一通り揃っています。

羽田空港の水は木製の受水槽を使用しているため水が木の香りがすることがあるそう。私はよくわからなかった。←細かいことは気にしないというか興味が無いタイプ。
バスタブは大きくて気持ち良かった。

バスタオルもフカフカタイプで嬉しい。
ドアノブに掛けるタグが「ノックしないでください」とわかりやすい。

翌朝お部屋からの眺め。Terminal 3 のライトアップが見えます。
一日も早く自由に海外に行けるようになり第3ターミナルが賑わいますように。

右方向を見ると一応飛行機が見えますので滑走路ビューと言えるのか??
飛行機は見えないと思っていたので非常に嬉しい。
ただもっと希望を言うと航空機のエンジン音が聞こえたらもっと嬉しいのだけど無音でした。防音が素晴らしいのだと思います。

朝食はビュッフェ中止でセットメニューだったので朝食無しのプランにしました。レストランの入り口で朝食メニューを見ましたがオーソドックスなメニューで美味しそうでした。ただ私はビュッフェで無いなら好きなものを食べたいのと和食メニューで苦手なものが多いのでセットだとプレッシャーなのです。
やっぱりホテルのビュッフェが好きだな。

ホテルを出れば目の前がチェックインカウンター。
午前中の便で旅立つときにこのホテルを使いたいなと思います。
とにかく早く海外に行きたいしこちらのホテルは快適でした。

羽田空港第3ターミナルビル内|ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田|公式サイト
2014年9月30日、羽田空港第3ターミナルビル内に&...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました