【2017ドイツ旅4】アイゼンヒュッテンシュタット(Eisenhüttenstadt)へ日帰り旅1

ベルリン2日目。今日は以前から行きたかったアイゼンヒュッテンシュタットへ

向かいます。

DDRカルチャー(つまり東ドイツのレトロなもの)などが

大好きなことをアピールしていたら

4travelでアイゼンヒュッテンシュタットに住んでいたという方が

おすすめしてくれ、その方の旅行記を見ていつか絶対に行こうと思っていました。

本当は2015年に行くはずが盗難に遭いまた寒くて天気も悪く見送り。

今度こそ行きます。

宿泊していたホテルibisから目の前の中央駅へ

青い枠の7:21発の電車に乗ります。

切符は券売機で買いました。

RBなので座席指定も無く簡単。

まずはFrankfurt Oder(フランクフルト・オーデル、フランクフルト、オーダー)へ

中央駅、何度見てもかっこいい

back WERKでコーヒーも買いました。

ドイツのパン屋さんと言えばショーケースにパンが並んでいて

店員さんに取ってもらうものだったのに

back WERKは日本と同じようにセルフでトレーに乗せてレジに行きます。

このお店がドイツに出来たときびっくりしました。

1998年に初めてベルリンに来た頃から自販機は

充実していると思います。

今でこそ東京の自販機もこんな感じですが

1998年頃の東京の自販機はこんなに充実しておらず

珍しくてよくお菓子を買っていました♪

車内でサンドウィッチいただきます。

美味しい!!

ドイツのパンはなんでこんなに美味しいのだろう。

車窓からのベルリン

テレビ塔

大好きな黒い給水塔はオストクロイツ

ダースベーダーみたい

切符

アイゼンヒュッテンシュタットまで13.2ユーロ

ベルリン中央駅から片道1時間40分ほどです。

車掌さんがまわってきて切符を確認されました。

朝早いためか車内はすいていて快適

鉄道の旅って本当に好き。

こんな緑いっぱいの駅を見られたり

駅前のあれは給水塔?

給水塔みたいなものがあったのは

Fürstenwalde/Spree  フュルステンヴァルデ

いつか降りて散策してみたい。

Frankfurt Oder(フランクフルト・オーデル)で向かいに停まっていた

電車に乗り換え

鉄道旅、やみつきになります。

フランクフルト・オーデルを出てすぐにDDRな建物がたくさん。

この街もいつか来ないと。

自然たっぷり。ドイツは農業国だと実感

景色を眺めているうちにあっという間にアイゼンヒュッテンシュタットに到着

駅構内にはロッカーもあります。

大きな荷物もここに預けられます。

駅の入り口

9時頃到着したけれど行きたい博物館は11時から。

いつも通り何も調べていないし、そもそもアイゼンヒュッテンシュタットの

ガイドブックなんてありません。

Google mapで調べたら街の中心まで歩いて行けそうだけど

体力温存のためにもあの駅前に停まっている赤いバスに乗りました。

博物館の開館時間まで昔のDDRの名残を探しに行きます。

1回1.3ユーロ

Google mapでバスが走っているところを見ながら

降りるところを考えます。

こういう旅楽しいー

窓の外にDDRな建物!!

素敵!!やっぱり来てよかった。

(ほとんどの方に理解されない趣味なのは

重々承知です。)

街の中心の近いところで下車

Str. der Republik と Karl-marx-str.の交差点手前

あの赤いバスに乗ってきました。

バス待合所

バスは意外と本数多いなと思いました。

アイゼンヒュッテンシュタットのバス路線図

バス停前の素敵な建物は Gästehaus

この写真をInstagramに載せたら「Gästehaus はまだ建ってるの?!」

というコメントをいただきました。

建ってました。有名な建物なのでしょうか?

ガラスが全部無いのも良い

アイゼンヒュッテンシュタットは昔はスターリンシュタット

(Stalinstadt)という名前の時代もありました。あのソビエトのスターリンです。

インスタなどのSNSでよく見かけるDDRな労働の壁画を見たい。

早速インスタに投稿されている写真の位置情報で場所を調べます。

結構近そう。

この絵もDDRだわ

道が広くて建物が整然と並んでいて結構こういうの好き

ただなんだろう?もっとボロボロな街を想像というか

期待していたのですがどこもピカピカ。

来るのが遅すぎたかも

この道のつきあたりが現在のLindenallee、

DDRの名残を探すならこの通りが良さそう

このブルーとホワイトの建物はDDR

Mocca milch Eisbar

古くからありそうな看板が良い

隣りはツーリストインフォメーション

毎日9時から開いています。

アイゼンヒュッテンシュタットに行ってDDRの名残を探すなら

このLindenalleeが一番良いかも

昔はLeninalleeという名前だったよう。

こういう古そうなフォントにヨワイ^^

まだ10時前

見たかったものはこれ!!

Walter Womackaの1965年のモザイクアート

「Produktion im Frieden」

LindenZentrumの建物に描かれています。

昔はここはMagnet Department Storeだったとか。

一部でも古い部分を残すドイツはいいなと思います。

LindenZentrumを背にした風景

もうDDRそのままです。この写真本当に好き。

以下はネット上からお借りした昔のアイゼンヒュッテンシュタットです。

ネット上からお借りしました。

昔のアイゼンヒュッテンシュタット

向かいにも有名な建物

もう昔の儘という感じのkosmetik

感激です。

そしてCITY HOTEL LUNIK

この廃屋感がたまりません。残しておいてくれて本当に

ありがとうございます。

先ほどの「Produktion im Frieden」が描かれている

Linden Zntrum

Strasse der Republik

道が広いです。パレードに良さそう。

あの建物がLindenZentrum。裏に壁画が描かれています。

Lindenallee 2, 15890 Eisenhüttenstadt,

適当に歩いていた場所だけどここ好き。

あの古そうな錆びた感じのオブジェが良い。

アイゼンヒュッテンシュタット散策、まだまだ続きます。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする