プロフィール

学生時代
  • 人生初の海外旅行は大学2年生の時 同じ大学且つバイト先の先輩方に誘われタイへ2週間
  • バックパッカーに憧れる先輩に連れられ3人で1泊500円のゲストハウスに泊まったり何キロも歩いたり。あまりに過酷で2週間で7kg痩せました。当時はアジアの良さが全く分からずこの時は旅にはまらず。
  • 大学2年の冬、大学の語学研修で3ヶ月ドイツ・ベルリンでホームステイしながら語学学校Goethe Institutへ これをきっかけに旅の楽しさヨーロッパの美しさに目覚める
  • 就職は旅行会社を目指すも就職氷河期ということもあり募集していない会社も多く全滅
社会人~旅行業界を諦めるまで
  • 就職が決まらないまま卒業
  • 短期の派遣社員、学生時代からのアルバイトをしつつ就職活動の日々
  • ようやく旅行会社の正社員の内定をもらう
  • しかし前月2001年9月アメリカで同時多発テロ(911)発生。旅行業界は大打撃。入社後仕事が無く日中はマンションにポスティング、夕方は大声を良しとする社風で上司と発声練習の日々 残業代0円で毎日12時間以上拘束
  • 憧れ続けた旅行業界でしたが根性がなく3週間で退職

社会人~再スタート
  • 『大学を卒業して1年半も経っているのに私は何もしていない』と焦り、面接で「給与計算の部署なら今すぐ採用するよ。」言ってくれた会社に契約社員として入社させていただく。
  • 給与計算どころか事務職を敬遠していたのにやってみたら楽しかった。
  • 海外に住みたいという夢も諦められず土日は携帯の開通センターで副業をしてお金が貯まったところで退職しカナダ・トロントへ
  • トロントではアパートを借りて語学学校へ。カナダを選んだのは当時物価が安かったから。
  • トロントはアジア系も多く暮らしやすいけれどヨーロッパのような歴史的重みは街にないため「やっぱりヨーロッパがいいな」と思い始める。語学力アップやカナダに移住という熱意も無かったので3ヶ月で切り上げ帰国→すべてが中途半端

社会人~再スタート2回目
  • 帰国後、旅行や海外は趣味に留めることに本気で決意。一人暮らしも開始。
  • 30代前半までは仕事と会社と社内恋愛が楽しすぎあまり旅行に行かず。
  • 定年までお世話になるつもりだったのに会社が合併で無くなり転職。
  • 3.11の「計画停電」をきっかけに恋愛終了。
  • 婚活を頑張るもご縁無し。
最近 Last Update 2020.5.6
  • 気づけば給与計算や社会保険など人事労務19年目。
  • 社労士試験は2018、2019に受験するも不合格。
  • 社内に社労士の先生がたくさんいるので自分はいいかなという甘えも。→努力と熱意と根性が足りない
  • 紆余曲折で覚えているだけで8社目。最短3週間、最長6年
  • ご縁が無い婚活よりも人生を楽しむことに方向転換
  • 働き納税し近所に住む高齢の両親・親族を気にかけあとは楽しむ
一人旅歴
  • 人生初の海外旅行はバンコクに現地集合。スマホも携帯もない時代でよく会えたなと思う。
  • 2002年 旅行会社のメルマガ登録でNY往復航空券当選。一緒に行く人がおらずNYひとり旅。海外ドラマと映画好きなので初めてのNYなのに街中見たことある風景で大感激。この頃から「一緒に行く人がいなければ一人で行けばいい。」と思うように。→結婚が遠のく始まり
  • 2005年 3連休+代休1日、成田深夜便でパリ経由ベルリンに翌朝到着。4日あれば充分ヨーロッパに行けることに気づく。
  • せっかくの旅のお誘いも仕事が休めなかったりで結局行けず。30代後半からはお誘いも無くなる。※母は姉妹3人で仲良く旅行なので母娘旅は2回のみ。
  • プレッシャーも多い仕事なので心の支えは旅の計画
  • 2018年 大好きだった会社を人事異動と大人の事情で泣く泣く辞める事態に。心の傷を癒す名目で有休消化中にバルカン半島の旧ユーゴ諸国をバスでほぼ一周。非常に楽しかった。
  • トラブル防止で旅の話は職場で一切しない。連休明けは「家でぐうたらしてました。」本当は仲良い方には言いたい!
  • なるべくお金をかけずに旅行に行くため日々マイルを貯めています。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました