【Balkans2018-69】サラエボの絶品Burek ~ Buregdzinica Sač

Cajdzinica Dzirlo-Tea House で美味しいお茶をいただいたあとは

ランチのためにバシチャルシアへ

Kovaci通りから道路を渡ってすぐですが。

鳩がいっぱい・・

鳩が飛び立つときの白い粉が苦手です。。

鳩に囲まれているのは鳩の餌やさん。

ランチはブログで見て美味しそうだなと思っていた

Buregdzinic  Sač さん

住所は Bravadžiluk mali 2, Sarajevo 71000

バシチャルシア内にBurek屋さんはたくさんありますが

今回はこちらに。

美味しそう

店頭で注文すると、席まで持って来てくれます。

お会計は最後に帰る時でOK

ほうれん草、チーズなどありますが、

私はお肉が大好きなのでお肉のBurekに。

確かこちらのお店、量を指定して注文も出来るようですが

私は特に指定せず。

ヨーグルト大好きなのでかけてもらいました。

上から

横から

生地はパリパリで高温の釜で焼き上げたのだろうなというのが

素人の私にでもわかりました。

Best Burek in Sarajevo ! というブログ記事が

たくさんヒットしますが

本当に美味しかった。

Burekはこのバルカン半島の旅でパン屋さんで買ったりして

何回か食べて来ていますが

ここが断トツで美味しかった。

生地がパリパリ、お肉はジューシー、

絶妙な味付けでヨーグルトとも合う★

最高に美味しく幸せなひとときでした。

今写真を見ていてもサラエボに飛んで行きたい。

またここでBurekを食べられますように。

お店を眺めていると、銃弾のボールペンやキーホルダー

これ買えば良かった。

サラエボ面白い

本当に何度も同じ場所を通っているけれど

ブラブラ散策しているだけで楽しいので。

カワイイ

バルカン半島に来る前はこんなにモスクが

多いとは思いませんでした。

紛争か

サラエボ包囲に関するミュージアムに行きたいなと思い

Trip Advisorで見たところへ向かいます。

サラエボは紛争に関するミュージアムが多いので

もう少し滞在日数が多かったら色々見たかった。

30日でバルカン半島1周、意外と時間が足りない。

私が1つの街をじっくり見たい派というのもありますが。

実際ギリシャとクロアチアとスロヴェニアは今回行けていないし。

大聖堂、Katedrala Srca Isusova の前に

サラエボのバラ  Sarajevo Rose Sarajevska ruža

砲弾の爆発により死者を出した場所を、赤い樹脂で埋めている

砲弾の跡をそのまま赤い樹脂で埋めるので

とてもリアル。

悲劇を忘れないためにもとても良いなと思いました。

そろそろこのミュージアムへ

向かいます。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする