【Balkans2018-66】サラエボ・ミリャツカ川沿いを歩いて

翌朝、宿泊しているHOTEL HOLIDAYの朝食へ

レストラン名は BOSNA & HERZEGOVINA

シャンデリアがレトロな感じ

旧共産圏のような雰囲気に朝から心がときめきました。

フルーツとバクラヴァ

ホットミール

スプレッド類、バター、ハニーなど

ツナの缶詰までありました。

ただツナはMade in Thailandでお持ち帰りはせず。

チーズのブレク

うーん・・・

プディング

これは美味しそうだと思ったのに、

旧東ドイツ時代のような(※実際にその時代に行ったことが無いけれど)で

粉を溶かしたような味

フルーツはなんとか、

でもケーキがビックリするほど美味しくない。

どれもこれも美味しくなくて(正しくは口に合わなくて?)

衝撃的でした。

朝食のさらなる詳細は以下に。

サラエボの鉄道駅、バスターミナルから ゆっくり歩いても15分ほどのHOTEL HOLIDAY 前身は19...

歴史あるホテルなのでロビーにはVIPの写真や記念品なども

お天気もいいし今日も出かけます。

ホテルの斜め向かいに何かいる

EYOF 2019(European Youth Olympic Festival)

までのカウントダウンでした。

Sarajevo City Center

次回サラエボに来るときはここのSwissotelがいい

今日は昨日と違う道を通ってバシチャルシアへ行こう。

トラムでもいいのだけど写真のためにもやはり行きは歩こう。

Avaz Towerの前の旧共産圏的なビルも素敵です。

かつてのスナイパー通り

平和になって良かった。

ただ銃弾のあとはあちこちに

廃墟も

With Love SARAJEVO

ミリャツカ川 Miljacka River

サラエボにもCity Sightseeingバス

このツアーも良さそう

City Sightseeing© takes you to the important sights of Bosnia’s capital, from monuments attesting to wartime conflict to buildings constructed in a curious medl...

更に進むと

この素敵な建物

The Academy of Fine Arts Sarajevo

大学です。

サラエボで美しい建物の一つだそう。

もともとは1899年に出来た教会の建物を利用しているのだそう。

きっと当時は美しい建物がもっとあったのだろうな

実際歩いていても美しい建物が多いです。

戦争、紛争がなければもっと美しかったのかもしれません

こういうのもとても好き

今度はユニークな建物

Hi-Fi CENTAR

家電量販店とのこと

のどかでいい。

第一次世界大戦のきっかけになったサラエボ事件のラテン橋

昨日も来たけれど

橋の手前に何かある

かつてここに、このような石碑があったのでしょうか。

昨日も来たCITY HALL

そういえばケーブルカーも再開したそう。

山頂からサラエボの街を見るのも良かったかも。

ラテン橋より個人的には市庁舎前の Šeherćehaja bridge が好き

今日はここから高いところへ行く予定

ツアーらしき人もたくさん。

坂と階段をのぼって、Žuta tabija、

Yellow Fortress (or Yellow Bastion) を

目指します。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする