【Balkans2018-51】Sveti Stefan 透き通るビーチで朝からのんびり

朝目覚めてバルコニーから

まだ海に陽が当たっていないので暗いです。

朝食はもちろんバルコニーで。

私の場合日本では有り得ない健康的なメニュー。

(そもそも仕事がある平日は朝食を食べる習慣がなく

スタバなどでコーヒーだけ買って飲みながら午前中仕事。)

フルーツなんて日本で買いませんし年に1~2回フルーツパーラーに

行くぐらい。

オレンジジュースもあまり・・。

ヨーグルトだけは日本でも良く食べます。

マスカットは昨日のビールのおつまみの残りです。

ピーチも美味しかった。

昨日、スヴェティ・ステファンのスーパーマーケットでのレシート

ビールやフルーツ、アイスにドリンクなど色々買っても9.76ユーロ。

太陽が昇ってきてだんだん明るくなりました。

完全に明るくなりました!

今日も良いお天気で良かった。

早朝からビーチへ出かけます。

アパートの階段から。

plaža = Beach です。

ビーチへの道はスヴェティ・ステファンにたくさんありました。

もう昨日からずっと見ていますが、旧市街が見えると嬉しい。

ズームアップ

可愛い。

レストラン NOBU

初めて見る木

スヴェティ・ステファンのビーチがあまりにも綺麗で

写真を選べなかったのでミラーレス一眼とiPhone、

それぞれの写真を時系列に。

◆ミラーレス一眼で撮影

透明!

今日も綺麗

人が少ないというだけでもう最高です。

石が多いのでシートやバスタオルを持って来なくても

その辺に適当に座れます。

早朝なのでまだ人も少ない。

◆iPhone 6 plus で撮影

ゴミが無い奇跡のようなビーチ

Cute!

~iPhone写真終わり~

波打ち際にタオルを敷いて、美しいビーチを眺めていました。

何もせずボーっとするこの時間、とても幸せでした。

日がどんどん高くなるにつれ暑くなってきたので移動

アマン側のビーチを見に。

アマンへの道の横の小屋で宿泊者かどうかチェックしています。

レストランの予約もここでしてくれるようで、

予約すれば中に入れます。

いつか泊まってみたい!!

アマンのプライベートビーチ側

もちろん使用者以外は立入禁止なので

写真は隙間から。

こちらも綺麗

綺麗、という言葉しかありません。

暑いからアパートに戻っても良いのだけど、

頻繁に出ているローカルバスでブドヴァに行くことに。

バス停の方まで行くと上から旧市街(アマン)を見られます。

スヴェティ・ステファンは坂、階段で結構大変です。

10分置きにブドヴァ⇔スヴェティ・ステファン間を走っているバス

バス亭の横にいるおじさんにバスのチケット代2ユーロを払って

乗りました。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする