【Balkans2018-37】涼しくなったティラナの街を散策~行きたかったPyramid of Tiranaも

モスクを見ながらの美味しいランチの後は

涼しくなったティラナの街を再び散策

通りの名前は Shëtitorja Murat Toptani

Justinian Fortress Wall

アートやカフェ、レストラン、お土産物屋さんもあり

楽しい通り

Ministry of Agriculture 再び

ティラナで見た中で一番カワイイと思った建物

アルバニアの国旗かっこいい

National Arts Gallery の裏には

銅像!?

銅像です。

アルバニアの民族衣装?

更に立派なものも

銅像の方々

楽しい!

マケドニアのスコピエを思い出しました。

鎖国していた時代のアルバニアを見てみたい。

道路を渡って Pyramid of Tirana

ここ来たかったのです!!

共産圏のような建物の雰囲気を感じるから。

以前はEnver Hoxha(エンヴェル・ホッジャ)のミュージアムでしたが

今は廃墟。

登って遊べます。

エンヴェル・ホッジャとはアルバニアの元首相でスターリン主義への固執から

ヨーロッパで鎖国を行った独裁者。

私の好きな単語が並ぶ方です。

Peace Bell

好きです。

こういうデザインの建築物。

色んな角度から。

ベルリンの東地区にあっても違和感無しのデザイン。

頂上でくつろぐ人も

自由に登れます。

私も登りたい!!

皆さん軽々登っていて小さな女の子を連れた親子までもが

楽々登っていたので誰でも登れるのだと思ったのですが。

正面から。

素敵なデザイン。

Rinia Park には I Love Tirana サイン

夜の Reja The Cloud へ再び

ライトアップされるとまた素敵です。

みんな楽しそう。

昼間は暑すぎて人がほぼいなかったけれど

夜になって涼しくなって街に活気が出てきました。

すごいなぁこれ。

こういうものを作れる建築家、かっこいいなと思います。

デザインが素敵なだけでなくみんなが楽しめるアート(建築)

向かいの Rinia Park へ

ゴールドにアルバニアの国旗のかっこいいモニュメント。

Memoriali i Pavarësisë

英語で Independence Memorial

アルバニアの独立100周年記念のモニュメント

この旅行記を作っていても

またティラナに行きたいなぁと

ティラナの魅力を思い出す。

ライトアップされ素敵な建物

スカンデルベグ広場も輝いています。

Ministry of Finance

噴水もライトアップされ素敵なスカンデルベグ広場

色も変わります。

楽しい!!

カルーセルが輝いています。

スカンデルベグ像と国旗

夜になって人が増え楽しい雰囲気に

大人気のカルーセル

可愛いカルーセル

海外のカルーセルはどうしてこう可愛いのだろう。

パパと女の子

そう!アルバニアの子供はみんな天使のように可愛い。

大人も美人ばかりですし。

クラシックなデザインがとても好き

赤ちゃんが超絶に可愛い!!

カルーセルを楽しんでいるファミリーを見ていて

とても幸せな気持ちになりました。

国立歴史博物館

夏のティラナは夜がいいなと思いました。

OPERA

こういう広場が近所にあるといいなぁ

夜のスカンデルベグ広場を堪能しホテルへ

HOTEL OPERA にまた泊まりたい。

アルバニアの通貨レクが増えました。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする