【Balkans2018-24】コソヴォ・プリシュティナ KU JANE ? 1648

「NEWBORN」モニュメントと若さとスポーツの宮殿を見た後は

再び中心部のほうへ

ガイドブックも持っていないし適当です。

独立のモニュメント

Nënë Tereza =マザーテレサ

バスターミナルの方から歩くとビル・クリントン通りの次に

マザーテレサ通りを歩くと主な観光スポットに行けます。

マザーテレサ大聖堂から旧市街のほうまで。

道路にプリントされた KU JANE ? 1648 の足跡

1998年~1999年のコソボ紛争で未だ消息が

行方不明になっている1648人を表したもの。

KU JANE は「彼らはどこ?」の意味。

2018年はコソボ紛争からちょうど20年。

2018年8月30日にはコソボの首都プリシュティナで

行方不明になっている人の名前を掲げた数百人が行進。

20年も経っているのにまだ行方不明の人が1648人もいるなんて。

コソボ紛争はまだ終わっていないのだなと実感しました。

コソボに来て初めて知ることもあり本当に来てよかった。

暑くて噴水を浴びたい!

とても好みな建物は Administrata Tatimore e Kosovës

行政機関のようです。

スカンデルベグ像

とても気になる慰霊碑

旧市街の入り口にあるモスク、

チャルシャ・ジャミーア

別の角度から

ここからさらに進めば旧市街ですが暑いしUターン。

私の場合、暑い夏に観光は適しません。

再びマザーテレサ通り

次は1泊以上で来たい。

広場のベンチで今朝スコピエのバスターミナルにある

ベーカリーで買ったブレクを。

パリパリしつつ生地にはこしがあって美味しい。

噴水を見ると平和を感じます。

建物の壁に写真。

こういうの昔ワルシャワにもありました。

犠牲になった方の写真でしょうか。

何か気になった時にガイドさんがいると良いのですけれど。

美味しそうなパラチンキ屋さんの写真。

ここもまだ営業前。

グランドホテルプリシュティナ

次回来るときはこの辺りのホテルがいい。

再びバスターミナルへ歩いて戻ります。

現代建築好きなのに国立図書館を見るのを忘れました。

これです!Wikipediaから写真はお借りしました。

マザーテレサ大聖堂の展望台から綺麗に見えるらしいです。

もうこれはまたプリシュティナに行かないと。

次回は涼しい時期にします。

ものすごく近くを通ったのに大ショック。

アイスが美味しそう

買いたかったのに店員さんがいなくて買えませんでした。

トウモロコシと栗

この組み合わせ、バルカン半島のあちこちで見かけました。

栗はアンジェリーナのモンブランは好きですが

栗そのものは特に・・・。

トウモロコシも普段縁が無く・・・。

マザーテレサ大聖堂

トラバント好きなので、トラバントでは無いけれどこの古そうな車を

撮影していたらコソヴォの方がにこやかに「これいいよね!」と。

色々と悲惨な感じですが。

アパートメント

ビル・クリントン通り。

プリシュティナの街、普通です。

マーケット。

野菜の陳列方法が好き

ビル・クリントン像再び。

アメリカの国旗とともに。

この旅でスコピエに続いてプリシュティナでも!

信号で停車中の車の窓を掃除してお金を稼ぐ

Car Window Washers

鮮やかな手さばきに見とれました。

バスターミナルの方から。

プリシュティナのバスターミナルは高台に。

洗濯物

プリシュティナの日常

のどかだわ

バスターミナルに到着

レトロでとても好きな雰囲気

スコピエ行きのチケットを購入

5.5ユーロ

またミニバンでした。

バス旅は車窓からの景色が楽しい

コソヴォへはまた行きたい。

山の緑の鮮やかさ

いいなあ

景色を楽しんでいたら

スコピエに到着。

お腹もすいたしランチを食べに行きます。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする