【Balkans2018-20】ソフィアからバスで国境を越えマケドニアのスコピエへ

ソフィアで迎える最後の朝。

ラマダ・ソフィアのお部屋からの眺めです。

今日もお天気が良さそう。

今日もホテルの朝食へ

オリーブがたくさん

ヨーグルトも

卵とトマトとフルーツなど

ヨーグルトに葡萄のコンポートをトッピング

美味しかったなぁ

スコピエ行きのバスのチケット。

ブカレストからソフィアへ来た時に

セルディカ・バスステーションにあるMATPUのオフィスで

購入しておきました。

30レフ(レヴァ)=約2,000円

17が座席番号です。

ホテルをチェックインして歩いてセルディカバスステーションへ

色々なバス会社のオフィスがありますが

行き先はすべてブルガリア語

まあでも中でお店の人と会話すれば多少の英語は通じるので

大丈夫でしょう。

メニューもオールブルガリア語

まだバス来ないなぁ

チーズとハーブのプリッツのようなお菓子を購入

バス来ました。

座席指定(17番)で通路側でした。

景色が見えなくて残念

隣りはアジア系の女性でした。

満席で席が無い男性は一番前の床に座っていました。

とてもいい人で国境を過ぎた後は皆のパスポートを名前を呼んで配ってくれました。

途中マケドニアに入国する前に休憩

地図で見るとGarlyanoという街です。

私はトイレはいいので散策

ここにも現役らしきトラバント!!

ブルガリアはトラバントの宝庫です。

緑が多くていいなぁ

すごく好きな感じ

とてもカワイイ教会

今日も晴れていて良かった。

駐車場にワンちゃんも

5時間ほどでマケドニア・スコピエへ到着

ATMでとりあえず500MKD(マケドニア・デナール)をキャッシング

マケドニアからコソヴォのプリシュティナに行こうと思っているのですが

バスはたくさんありそうなので乗るときにその場で買えばいいか。

スコピエ駅・バスターミナル前のホステル・アミーゴは

猫がいっぱい!

カワイイ!

スコピエのホテルはホリデイ・インです。

駅からほぼまっすぐ歩いて15分ほど。

スコピエに来てCar Window Washerというのか

信号で停まっている車の窓に洗剤を吹き付けて

スクイージーで拭いてお金を徴収する子供たちを久々に見ました。

ホリデイ・インのお部屋からの眺め

チェックインの時、フロントはおじいさんばかり。

不思議な感じでしたが皆さん優しくて好印象。

スコピエで宿泊したホリデイ・イン・スコピエ スコピエの鉄道駅、バスターミナルから約1km 歩いて約15分 ...

荷物を置いて早速観光へ

本当に赤い2階建てバスが走っている!

ロンドンみたい

あちこち巨大な銅像

あちこちにあって楽しい♪

マケドニアの国旗

この国旗いいなあ

なぜかユーモアを感じる

Porta Macedonia

凱旋門と2階建てバスでパリとロンドンみたい。

凱旋門をくぐって

マケドニアのスコピエ生まれのマザー・テレサのプレート

City Tourのバスもあるみたい

Alexander of Macedon

この広場に面して建つマリオットいいなあ。

夜なんて絶対に綺麗なはず。

広々していいな

大きな建物と銅像の街スコピエ

ストーンブリッジ

1日1アイス。

いまいち美味しくない・・さっぱりタイプの味。

飛び込む銅像

ヴァルダル川は濁っていますがこういうアート好きです。

ストーンブリッジを渡って。

橋の上にジプシーの家族が座りこんでお金をせびっていました。

女の子が私に物を押し付けてきたりして鬱陶しい。

物乞いに遭うなんて久しぶり。

20年くらい前に行ったベトナム以来かも。新鮮!

トウモロコシ屋さん

銅像のテーマパークのようで楽しいスコピエの街

生き埋めになりそうな馬

まだ営業していなかったけれどパラチンキ屋さん!!

食べたい。

バッグも売っています。

アジアみたいで楽しい。

マケドニア語

この先を進むとオールドバザールに

マケドニアの国旗をモチーフにしたお土産屋さん

バスタオルとか欲しいなと思いましたが旅はまだまだあるので我慢。

30日間の旅では物欲が無くなることに気づきました。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする