【Balkans2018-3】夜景を見てブカレスト北駅から列車旅

海外に行くとLay’sのポテトチップスと

レモンティーとガス入りミネラルウォーターは

常にホテルに。美味しくて好きなので。

特にレモンティー!なぜか午後の紅茶より美味しく感じます。

Lay’sは国によって味が違うのですがアジアよりヨーロッパや

アメリカの方が好みです。

ライトアップを見たいところがあるのでメトロで移動

メトロのチケットは1枚で2回乗れるタイプを

買いました。

乗車するたびに印字されていきます。

駅も綺麗ですし

メトロの車内もとても綺麗

メトロでAviatorilor駅で降りて凱旋門 Arch of Triumph へ

ブカレストの空港から深夜にタクシーでホテルに向かう時

キレイだったのでもう一度夜かマジックアワーに見たいと思い。

パリの凱旋門よりは小さいですがキレイです。

帰りはバスで帰ろうと思ったのにキオスクが目の前で閉まってしまい

またメトロで。

旧市街を見に行きます。

夜の旧市街は活気があります。

綺麗です。

夜景はイエローが特に綺麗だなと思います。

ブカレスト最後の朝

ホテルで朝食

今日は列車で約5時間半、シギショアラへ行くので

たっぷり食べておきます。

美味しい

ホテルをチェックアウトしてブカレスト北駅へ向かいます。

Universitate駅 周辺

メトロでブカレスト北駅へ

ブカレスト北駅

メトロの出口からすぐ

ブカレスト北駅周辺は治安が悪いとか何かで見ましたが昼間のせいか

特に何も感じませんでした。

ヨーロッパの駅に来ると旅している感が増して

ワクワクします。

券売機

ルーマニア国鉄の切符は事前にWebで購入して

プリントアウトしてきました。

わざわざ駅まで事前に買いに来るのも面倒だし

ネットで買えるものはネット派です。

窓口も結構並んでいます。

並んでいて列車を逃すかもしれないし。

色んな行き先を見ていると

次回は●●に行きたいなー等と妄想が膨らみます。

最近行きたいのはブダペスト再訪です。

美味しそうなパン!!

そうそうヨーロッパで列車に乗る楽しみは

美味しいパンとコーヒーを買って乗ることです。

駅構内にパン屋さんもいくつかありました。

明るくとてもきれい

ルーマニア料理などのレストラン

美味しそうでした。

POSTA ROMANA

郵便局 かわいい

軍、かっこいい

薬局も窓口で口頭で頼んで取ってもらうタイプ

食べ物ならまだしも薬局は私にはムリだわ

ポーランドのワルシャワからモスクワまで列車旅も

いつかやりたいと思っています。

カルフールエクスプレスもあるので

何でも買えます。

マックで休憩。

ヨーロッパのサンデー濃厚で大好き。

キャラメル美味しい!

そろそろ乗車時間

チケットを見てもルーマニア語のみで良くわからず、

駅員さんに私の席はどの号車か教えてもらいました。

シギショアラへ向かいます。

ブカレストは見どころが無いと言われるけれど

私はまた何となく来る気がします。

コンパートメントではなくオープンサロンでした。

向かいのおじさん、シギショアラで私が降りるまで

寝る→食べる→寝る→食べる→食べる→寝る(繰り返す)

いったいどれだけ食料持ってるの?!というくらい

リュックから次々食べ物が出て来て美味しそうでした。

ヨーロッパの田舎大好き!!

ルーマニア国鉄は座席指定なので決められたところに

座るしかありません。

コンパートメント苦手だなと思っていたのですが

このあとの列車旅が2回ともコンパートメントで

別に何とも思わなくなりました。

部屋に知らない人と6人~8人。

会話とかしないといけなそうで苦手だなと

思っていたのですが和気あいあいとした

会話なんて無くみんなそれぞれ。

寝る人、読書、食べる人、スマホ、パソコンetc

コンパートメントもただの席だなと思い

苦手意識はなくなりました。

かわいい!!ヨーロッパ列車旅はやめられません。

予定より遅れ約6時間かかりシギショアラに到着

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする