【2017ドイツ旅12】フランクフルトでルフトハンザモデルのRIMOWAを買ってTAX REFUND

フランクフルト中央駅でクレープを堪能し

RBでフランクフルト空港へ向かいます。

途中で観光しないならICEで空港までの切符を買っておけば

良かったなと思ったけれど気が変わったので仕方ない。

短時間だけどしっかり切符は購入(当たり前ですが^^;)

駅で降りる時に自分でボタンを押すと開くドアでした。

フランクフルトの空港に到着したら

まずはWorldShopへ

Lufthansa WorldShop offers selected and high-quality brand products all around Traveling, Lifestyle and Sports. At Lufthansa WorldShop you find a wide range of ...

フランクフルトにはWorldShopが2つありますが広いほうです。

前からRIMOWAのLusthansaモデルを

購入しようと思っていたのです。

そしてどうせ買うならドイツでと。

トローリーを買うため今回の旅はトートバッグと

サブのエコバッグのみ。

このエレガンスコレクションシリーズも素敵

これのレッドが昔あったのに今は生産していないようで

残念。

RIMOWAと言えばアルミニウム製のものが

やはりかっこいいのですが、重くて持つ自信が無くて。

1人旅も多いし軽いほうがいいなと思っていたので

機内持ち込みサイズ(Cabin Size)のAirLightを

購入しました。

WorldShopには時計やスーツケースのベルトなどの

ルフトハンザグッズも売っています。

店内には日本人がたくさん多い人はお1人で

3~4個RIMOWAを購入していて

店員さんをつかまえるのが大変でしたが

隙を狙って声をかけて無事購入。

店員さんのほうから「TAX FREEの書類要る?」と

聞いてくれお願いしたら

レシートと同時に自動的に印字されて出来上がり。

店員さんが署名だけして渡してくれ

「あとは空いているところは自分で書いて提出してね」と。

初めてのTAX REFUNDですが何だか簡単そう

時間もたっぷりあるのでLuxx Loungeへ

■ラウンジの様子はこちら→

ラウンジで先ほどのTAX REFUNDの書類に記入。

といっても書くのは

・名前、住所、国籍、パスポートNo、返金の受け取り方、署名ぐらい。

簡単でした。

セルフチェックイン機でチェックインして、預ける荷物は無いので

そのままセキュリティチェックを受けて制限エリアへ。

フランクフルトからまずは北京へ向かいます。

(特典航空券で直行便が取れずルフトハンザに乗りたかったから。)

ターミナル1ではセキュリティチェックのすぐ後に税関があるのですが

ブルーで目立っていたGlobal Blueの窓口に出してしまいました。

(WorldShopの優しい女性の店員さんからも「Global Blueでは無いから

注意してね!」と言われていたのに・・)

でもGlobal Blueの窓口の優しい女性の方が

「これは違う会社のだわ。となりの税関窓口(Export Certification)で

スタンプをもらってDutyFreeをまっすぐ抜けたところにあるReise Bankで

Tax Refundしてね」と英語で優しく丁寧に教えてくれました。

そう私が行くべきは写真のイエロー枠のグレーで地味な方でした。

グレーのワシのマークの税関窓口(Export Certification)で

先ほどのレシートのような書類を出したら

若い男性の職員が品物も何も確認することなくスタンプを押して

即返してくれました。

Tax Refundの申請をする対象の品物は未使用でないといけないというような

注意書きをどこかで見たけれど、すでにトローリーの中に物をたくさん入れた状態でも

全く問題ナシでした。

スタンプが押されて戻ってきました。

Global Blueのお姉さんが教えてくれたとおり

Duty Freeを抜けるとReise Bankがありました。

この時は前に2人並んでいただけでした。

時間が無い場合やクレジットカードに返金してもらう場合は

書類を封筒に入れて写真黄色枠のところにあるポストに入れておけばOK

(日本の空港で出してもOK)

ポストに入れる場合はこの封筒に書類を入れればOK

私は現金(キャッシュ)で返金してもらいました。

クレジットカードに返金されるとその分ポイントが減ってしまうし

ユーロは度々使うので。

429ユーロのRIMOWAを買って44ユーロ返ってきました。

44ユーロ=約5,832円(2017年11月5日のレート)

これくらいならちょっとした食事も出来るし戻ってくると嬉しい。

レシートのピンクのストライプはレシートが終わりかけだったよう。

(窓口の方が笑って言ってました。)

返金された44ユーロ★

初めてTAX REFUNDしましたが本当に簡単。

もう今後こんなに高額なものを買う予定も無いのですが

万が一高額なものを買う時はTAX REFUNDしようと思います。

無事TAX REFUNDも終わりDUTY FREEへ

オクトバーフェストの時期だったのでその衣装

ビールとジョッキ!!これ欲しい。

北京で乗り継ぎなので液体は買えないのが本当に残念。

いつかオクトバーフェスト行きたいなあ。

さすがにこれは1人ではなく複数で行きたい。

ハロウィンの衣装にも良さそう

やっぱりビール買いたかった。

次回は直行便で帰りたい。

フランクフルトはルフトハンザがたくさん駐機されていて嬉しい。

ボーイング747-8

初RIMOWA。これからあちこち旅に行くのが楽しみ。

お土産屋さんにハイジの鳩時計が売っていました。

カワイイ!!

北京までA380に乗ります。楽しみ!

丸い感じがとても好き

また2階席のエコノミーを予約しました。

A380のエコノミー2階席は座席上の収納スペースが

とても少ないです。だから窓側に物入れがあるのですね。

結構早めに搭乗したのに私のトローリーを収納するスペースは

すでにありませんでした。

どうしようと立ち尽くしていたらCAさんが

「あなたの隣は今日空いているから下に置いておいていいわよ。

万が一誰か来たらその時は収納場所を探すから。」

ということで隣の座席下に収納♪。

後から乗ってきたお客さんもトローリーの収納場所が無い人がいて

空いている席の下に置くよう言われていました。

でもこれ満席なら出来ないですね。エコノミー2階席を予約するなら

大きめの荷物は機内持ち込みサイズでも預けたほうがいいのかなと思いました。

収納場所は少ないけれどA380の2階席は快適です。

機内販売の冊子に載っていたシュタイフのテディベア

ルフトハンザとコラボでカワイイ

Idsteinいつか行きたい。木組みの家がカワイイ街です。

空港の売店で好きなお菓子を最後に購入

プリングルスのパプリカ(これ美味しい!)

LEIBNIZのホワイトチョコの、キットカットホワイト。

キットカットは海外の方が美味しいと思う。

優しく親切なCAさんでした。

映画はスカーレット・ヨハンソン主演の「Rough Night」

独身最後のパーティーで殺人が起きるというコメディで

面白かった。

クラッカー

機内食美味しかった。

このハッシュドビーフ絶品でした。ドイツビールもいただきました。

快適過ぎてあっという間に北京に到着

トランジットで7時間過ごします。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする