BERLIN 2015秋(12)シュプレー川のMolecule Man

2015_1015BERLIN2015-20218

フリーマーケット&いまどきなベルリンのクラブが集まっている場所のあとは

シュプレー川へ。

Molecule Manを間近で見てみたかったから。

早速チラ見!!

Molecule ManとはアメリカのアーティストJonathan Borofskyが

1999年にシュプレー川へ設置したアルミ製の像

2015_1015BERLIN2015-20219

前から、オーバーバウム橋からこの人間のオブジェが見えて

気になっていたのです。

2015_1015BERLIN2015-20226

間近で見たのは初めて。

2015_1015BERLIN2015-20230

シュプレー川

ベルリンの過去の色々な歴史を知っているので

この平和でのどかな雰囲気がより素晴らしく感じます。

2015_1015BERLIN2015-20243

線路のあと

2015_1015BERLIN2015-20256

色々な角度から

Elsenbrücke

2015_1015BERLIN2015-20261

橋を渡って反対側に行ってみます。

橋の上の小さな建物も古そう。

ズームアップ!

古いものがどんどん無くなってしまって寂しいけれど

ベルリンは大好きです。

S-Bahnがちょうど通りました。

そしてこちらの柱の上はおそらく爆撃か何かで取れたまま?

こういうのに大興奮

2015_1015BERLIN2015-20287

橋の上から。

テレビ塔も見えます。

かなり近づくと大迫力

30メートルとのこと

2015_1015BERLIN2015-20304

アート好きには堪りません。

しかもシュプレー川の中のアート

大接近

2015_1015BERLIN2015-20305

上空に小型飛行機

2015_1015BERLIN2015-20312

間近で見られてよかった!

どんどん遠くなっていきます。

2015_1015BERLIN2015-20317

オーバーバウム橋の方向へ向かって歩きます。

テレビ塔も見えます。

先ほど渡ったElsenbrückeが遠く見えます。

SNSで見かける夕陽に照らされる

シュプレー川とMolecule Manも絶景のようです。

住んでいたらいつでも撮れるのに。

叶わなくても夢として見続けます。

~つづく~

スポンサーリンク
広告
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
広告

コメントを残す