2017GW★クロアチア&イタリア1人旅 14 ロヴィニLast Night! 夜景を堪能

夜21:30

ようやく暗くなってきたので夜景を見に出かけます。

お部屋から降りて行ったらフロントのところで

「ランチパックが出来ているからあとで寄ってね。

あと宿泊税12ユーロも」とのこと。

フロントは23時までなのでそれまでに戻って来よう。

バルビ門を入ってすぐのこのカフェ(レストラン)のあるところ

本当にステキ。

いつものTown Clock

すごいボート

21時半過ぎでマジックアワーにちょうど良い感じ

北側へ移動

やや予想はしていたけれど真っ暗

ヨットで来ている人はヨットのなかで宿泊するのですね。

いいかも

夜のアドリア海

カメラの設定を色々調整して私のスキルではこれが限界

なんかこういつか、人々が惹きつけられる夜景の写真を

撮れるようになりたい。

バルビ門から旧市街へ

冒頭と同じ場所だけれど

あとで自分で眺める記録としてブログを作っているので

ご容赦ください^^

坂を上って

Grisia通りへ

良い雰囲気

とても好き

仲良さそうな老夫婦

いいなあ私も老人になる頃までに

旅と人生のパートナーを見つけられたら良いのだけど

無理そう笑

直前まで雨が降っていたので

石畳が光ってキレイ

以降、同じような写真が続きますが

微妙に違うのです。自己満足で失礼します。

個人的にこれがすごく好き

カメラの設定を色々変えて試行錯誤

フロントは23時までなのでそろそろ戻ろうかな

この細い路地の突き当りが

宿泊していたヴィラ・トゥットロット

ホテルに到着

フロントの女性スタッフ(元気で優しくて素敵なホストでした)に

ランチパックをもらって宿泊税をクーナで支払いました。

そして色々おしゃべり。

「ところで明日のフェリー乗り場は大丈夫?」と聞かれ

「港だよね?」と答えたら

「すばらしい!!朝になってフェリー乗り場がわからないと

慌てる人が何人かいるのよ。」とのこと。

そうなんだ・・と思いつつ私も改めてネットで調べたら

思っていた場所とフェリー乗り場が違いました。

勝手にホテルの目の前の港かと思っていたら

北側の駐車場の港でした。

このホテルのフロントは朝7時~夜23時まで。

フェリーは7時発なので明日の朝、部屋のキーはどうしたら?と思ったら

「お部屋の机の上に置いておいてくれたらOKよ」とのことでした。

お部屋で早速もらったランチパックをオープン!

サンドウィッチ2つと

オレンジジュース、ヨーグルト、ミネラルウォーターにりんご

予約した後で全6室と知り、アットホームな雰囲気が苦手な私は

キャンセルしようかとも思ったけれど

Expediaでキャンセル不可の予約だったため恐る恐る泊まりに来ました。

でも結果的にこのホテルにして良かった。

ホストの女性はおそらく30代か40代?きれいで元気で

会うと優しく声をかけてくれて

着かず離れずの距離でとても居心地が良かったです。

夜だけどランチパックのオレンジジュースをいただいて

明日の朝の出発に備えました。

~つづく~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする