【台湾・台北】君品酒店(Palais de Chine Hotel / パレ・デ・シン)~朝食ビュッフェ~

君品酒店(パレ・デ・シン)での朝食ビュッフェは

6階の「雲軒(La Rotisserie)」でいただきます。

朝6:30~ですが8時半頃行きました。

入り口からもうステキ!!

ビュッフェ台はたくさんあって種類豊富

サラダコーナーはこんなにフレッシュな野菜たくさん。

ドレッシングも種類豊富でした。

和風か中華?こういう系は苦手なので写真のみ^^

日本食コーナーもあってお蕎麦やちらし寿司、

鮭茶漬けなどもありました。

ドリンクコーナーもカラフルでキレイ

ハムやサラミ

ホットミールコーナー

これはポテトだったかな。

お肉料理もたくさんありました。

スイーツやクロワッサン

グリッシーニなど。オシャレ♪

自分でマシュマロを炙ってスモアを作れます。

ペストリー系もパンもたくさんあります。

チーズ

点心コーナー

お粥のトッピングだったかも

1日目の朝食。

炙りすぎて焦げたけど美味しいスモアと

ヨーグルト

点心類、炒飯、焼きそば、干し豆腐など

クロワッサン。美味しい

各テーブルの上にテーブル番号のシールが貼られた小さいクリップがあって

それをこのビュッフェ台のグラスに入れるかスタッフの方に言って

注文してクリップを渡すと、熱々の出来立てをテーブルまで運んでくれます。

オーダー制のメニューはオムレツ、台湾の朝食の定番の蛋餅、焼餅、

蘿蔔糕(揚げ大根餅)、ワッフル、サンドイッチ、担担麺など色々ありました。

まずこの蘿蔔糕(揚げ大根餅)がサーブされ、

熱々でモチモチしてタレも絶妙で最高の美味しさ。

これもオーダーしたツナの蛋餅。

美味しいーー

試しにお蕎麦を一口。普通でした。

デザートにチーズケーキとフルーツ。

濃厚で美味しいチーズケーキでした。

落ち着いてゆったり優雅に朝食という雰囲気では全くなく

席数も多くファミリーも多いしということで騒がしい雰囲気でした。

でも美味しいです。

ファミリーも多いけど一人でお食事されている方も結構いて

誰でも居心地が良い感じがしました。

私も一人旅ですし^^

レストランはステキなフロントのすぐ横です。

2日目の朝ももちろん朝食ビュッフェへ。

街中にある台湾の昔ながらの朝食屋さんも良いけれど

ホテルのビュッフェの方がもっと好きです。

2日目もスモアを作ります♪

楽しいーー!!

とろけたマシュマロがこんなに美味しいなんて

初めて知りました。

家でも作ろう。バーナーを買えば良いかな。

石を敷き詰めて炎が出ている演出もオシャレです。

これすごい!ハチミツの巣がそのまま。

巣枠というらしいです。

新鮮な蜂蜜ですよね☆もちろんいただきます。

ヨーグルトは手前の手作りコンフィチュールを

上にトッピングすると美味しいです。

バナナミルクもありますね。

サラダとスモア

今日はコーンとチーズの蛋餅をオーダー。

これも美味しい★

ヨーグルトにアプリコットのコンフィチュール。

美味しい♪

2日目はワッフルもオーダーしました。

サクサクして意外と普通です。(しっとりが好み。)

2日目も蘿蔔糕(揚げ大根餅)をオーダー。

これやっぱり美味しい。このビュッフェの中で一番好み。

担担麺もオーダーしました。

クリーミーで美味しい。

2日目はオーダーを中心に。

次々とテーブルに色々運ばれてきました。

オムレツを食べていないのでまた泊まりに行かないと!

クリスマスツリーも素敵。

種類も多くて美味しくて、スモア作りも楽しくて

オーダー制のものは熱々で美味しくて

幸せな2日間の朝食でした。

また泊まりに行きます。

跨越了文化與時光,從進門的霎那,迎面而來是令人目不轉睛的深度內涵。這是一個充滿故事的博物館旅店,以深厚的文化底蘊,結合歐式的古典設計、貴族般的優雅氣勢以及東方哲學,成為台北首家五星級文化酒店。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする