ロシアの観光ビザ(ツーリストビザ)・通過ビザ(トランジットビザ)を個人で取る方法(※私の場合)

visarussia

旅好きなのでVISA(ビザ)を取る作業さえも楽しくて

結構自分で申請してしまいます。

人生初ビザは1999年のベトナム。

バンコクのカオサン通りの旅行代理店でやってもらいました。

パスポートにカラフルなビザが張られて返ってきたときは感激。

最近は私が行きたい国でビザが必要な国が少なくなってしまい

残念ではあるのですがロシアのビザはまだまだ健在。

ロシアには2012年と2015年の2回行っています。

★2012年 ダブルのトランジットビザ(通過ビザ)を取得

通過ビザは日本からロシアを経由して第三国へ行く際に

経由地のロシアに3日以内なら滞在できるというもの。

2012年はこのビザでモスクワに滞在しました。

このビザは簡単。在日ロシア大使館領事部のホームページの

電子査証申請書(EVA)のフォームに入力して印刷して、

ロシア経由で第三国へ行く航空券の予約メールをコピーして

東京・神谷町のロシア領事部の窓口へ持っていきました。

領事部はロシアの祝日はお休みですが日本の祝日はやっています。

ということで祝日に提出しに行って受け取りは午前休暇をもらって

取りに行きました。

11営業日以降の受け取りなら無料です★

私は仕事もあったので窓口に出してから1か月後ぐらいに受け取りに

行きましたが何の問題もなし。

この時の航空券はアエロフロートでモスクワ経由ベルリン行き。

行きにあえてモスクワで1泊して乗り継ぐ航空券を購入しました。

ダブルというのは行きも帰りも入国しようと思ったから。

シングルでもダブルでも値段は一緒です。

ホテルは泊まりたいホテルがあったので

Booking.comで自分で予約して宿泊。特に何も問題なし。

★2015年 観光ビザ(ツーリストビザ)を取得

2015年のシルバーウィークは5連休!

夏休みが無い会社で働いている私にこの連休は貴重。

どこに行こうか考えたところロシアに決定。

真冬のモスクワしか知らないので明るいモスクワを

見てみたかったから。

visa2

観光ビザは代行をお願いしてもいいかなと思ったけど

面白そうだし自分でやってみることに。

電子査証申請書(EVA)や写真の他に必要なもの(以下HPをコピペ)

  • 旅行者(特に個人旅行者)は、上記の書類のほかに旅行会社が発行する旅行確認書(ファックスコピー可)が必要となります。
    確認書は、ロシア連邦観光省による登録(旅行リファレンス番号)のある受入れ先の情報が記載される書類で(見本-「外国人旅行者受け入れ確認書」)、受入れ先の責任者の署名および社印がなければなりません。
  • さらに、旅行会社が発行するバウチャーのコピーを提出していただきます。
    バウチャーには下記の情報がなければなりません:

    • 旅行者のデータ(氏名、生年月日、パスポート番号);
    • ロシア入国日および出国日;
    • 観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム;
    • 旅行会社の署名と印;
    • 支払済み証明;
    • ロシアの受入れ旅行会社名とその旅行レファレンス番号。

こんな風に長々と書いてあるので自力で取るのは無理なの?と

思ったけれど自力で取ったという旅行記がネット上にたくさん。

Googleで”Russia Visa Support”などと検索すると

いわゆる空バウチャーを発行してくれる会社がたくさんヒットします。

私はその中から結構有名らしい、

Way To Russiaさんを利用

This is the most comprehensive guide to Russian visa, registration, and immigration laws on the internet. If you don't have time to read and just need to get a ...

フォームに宿泊するホテル名など必要事項を入力してクレジットカードで支払い

(30ドル)

すぐにメール添付で「旅行確認書」と「バウチャー」の上記条件を満たすものが

PDFで送られてきました。

それを窓口に申請書に添付して出して

また何の問題もなく観光ビザをもらえました。

ホテルはExpediaで1泊5,000円ほどの泊まりたいホテルに。

空バウチャーといってもモスクワに実在する旅行会社のようですし

なんの問題もなし。ビザさえ取れてしまえば申請書も添付書類も

空港で見せることなんてありません。

昔はロシアは自由に旅出来ない国、

バウチャーの通りに旅しないと行けないなんて話も

ネット上で見つけましたが思い付きで列車に乗ったり

モスクワ以外に行ったりもしましたが何の問題もなし

(当たり前ですけどね。普通に券売機で切符買うだけですし)

自分で取得するメリットは料金を抑えられることですが

デメリットは東京の領事部の窓口が混んでいます!!

日本の祝日はすいてましたが平日なんて業者の人が

1人100冊以上のパスポートを持って来たりしていて

35人待ちで2時間くらいかかったことも。

日本の代行サービスも7,500円くらいからあるようですし

そのほうが良いのかもとも思います。

またロシア行くならビザは自分で取りに行くかも。

ロシア大使館・領事部が通勤定期の範囲内なのと

ただ単にビザを取りに行く行動が楽しいので^^




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする